出会えるサイト

出会えるサイト情報

正しいブラジャーのつけ方

間違ったブラジャーのつけ方をしていると、バストの成長が妨げられてしまい、それがバストの垂れ⇒サイズが下がる⇒貧乳という悪循環に陥ってしまいます。
間違ったつけ方とは、
■ パットで底上げしている
■ブラジャーの上部分にすき間ができて、カパカパする。
■肩ひもがよくズレ落ちる
■ブラを外した時、ワイヤーの跡がバージスラインよりも下にある
■ ブラを外した時、アンダーベルトの跡がくっきり残っている
これに1つでも当てはまれば、間違ったつけ方です。
ブラジャーの正しいつけ方の手順は、
1. ストラップを肩にかける
2. ブラの下側を持ち、少し前かがみになった状態で、ワイヤーをバージスラインに合わせる
3. バストをカップの中に収めたら、ホックを止める
4. 前かがみのまま、左手で左のストラップのつけ根を少し浮かせて、右手をカップの中に入れ、バスト全体を包み、右肩方向に優しく引き上げる
5. 身体を起こして、ストラップの長さを調整する
6. 右側も同じように行う
ストラップと肩の間を人差指がすっと通るくらいがちょうど良い長さです。
これより長いと、肩ひもがズレ落ちやすくなりますし、短いと圧迫が強くなるので、肩こりの原因にもなります。
ストラップの調節が前でできるタイプだと、簡単に調節できますが、ほとんどのブラは後ろで調節するタイプになっているので、誰かに手伝ってもらうか、一度外して、長さを調節してからもう一度付け直すようにして、ストラップを調節しましょう。
大澤美樹の「バストアップラボ」片手間バストアップ♪

  1. 2016/1/7(木) 13:26:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる