出会えるサイト

出会えるサイト情報

老人ホーム・介護施設の種類

「老人ホームで生活したい」と思っても、種類はさまざま。どの施設が自分に適しているのかを知っておかないと、選ぶことはできません。


ひとくちに「老人ホーム」といっても、さまざまな種類があります。

その代表格は、「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」ですが、他にも機能や特徴の異なる高齢者施設がたくさんあります。

施設に よって、利用条件やサービス内容、費用などが違ってきますので、老後の住まいを考える前に、まずは老人ホームの種類を知っておきましょう。



■介護付有料老人ホーム

介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となっても、老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら居室で生活を継続することが可能です。

24時間介護スタッフが常駐し、ケアマネージャーの介護サービス計画に沿って、食事や入浴、排せつの介助などの介護サービス、また居室の清掃や洗濯、健康相談などの日常生活を支援します。

 

■住宅型有料老人ホーム

生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となった場合は、入居者自身の選択により、地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら有料老人ホームの居室での生活を継続することが可能です。


■健康型有料老人ホーム

食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護が必要となった場合には、契約を解除し退去しなければなりません。



■特別養護老人ホーム

介護付有料老人ホームと同様、常駐スタッフが生活支援から介護サービスまでを提供する施設で、「特養(とくよう)」と呼ばれます。入居待ちの方が全国で40万人前後いるため、最低数ヶ月は待たないと入居できないのが現状です。



■グループホーム

認知症の方が、専門スタッフ等のサポートを受けながら5~9名の少人数で共同生活を送るホームです。個々の状態に応じて食事、掃除、洗濯等の手伝いをするなどして、認知症の進行を遅らせる狙いもあります。



■シニア向け分譲マンション

バリアフリー仕様で、安否確認や緊急時対応などのサービスを提供する高齢者向けの分譲マンションです。大浴場やレクリエーション設備、食事・家事サービスを提供するところなど、付帯サービスや設備はさまざまです。


介護転職支援サイト「かいご畑」

  1. 2017/12/18(月) 21:16:26|
  2. 介護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームヘルパーの仕事とは?

ホームヘルパーの主な仕事は、身体の自由がきかない高齢者や身体障害者などに対して、日常生活全般のサポートを行うことにあります。


その勤務形態は、利用者の自宅を訪問する、いわゆる訪問介護が多くを占めており、通常は、「ヘルパーステーション」に所属し、定期的に利用者宅を訪問することによって生活のサポートを行います。


その仕事の内容としては、食事や排泄の介助、衣類の着脱などの身体介護のほか、洗濯や掃除、日常の買い物といった家事に関わる生活援助を行います。



また、特別養護老人ホーム、老人保健施設、有料老人ホーム、認知症グループホーム、デイサービスセンター、療養型などの病院、身体障害者更生施設などの障害者施設などでも、介護施設の入所者や、曜日ごとに施設を利用する人などの介護を行うケースもありますが、働く場所に違いはあれ、その仕事内容は、訪問介護と同様、日常生活の支援がヘルパーの主な仕事となります。


これからホームヘルパーの仕事を始める方は、スキルだけでなく、自分が働きやすい雇用形態や就業先の特性などをよく見極めて、仕事探しをすることが大切です。

「MC介護のお仕事」は看護職の【非公開求人】が多数!! 就職お祝い金付き♪


  1. 2017/5/24(水) 10:14:42|
  2. 介護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高齢者の転倒防止のための室内ばきは?

高齢者の事故は、交通事故よりも、家の中の遭遇する不慮の事故の方が多いそうです。


特に、転倒や転落の50%は住宅で起きており、階段からの転落に次いで多いのが、室内での転倒です。その原因の多くは、スリッパやソックスによるものです。
スリッパは、脱ぎ履は簡単ですが、足がスリッパの中で泳いでフィットせず、つっかかったり、つんのめったりして転倒しやすいです。


また、ソックスは、すべり止めがついておれば良いと思いがちですが、すり足で歩く高齢者にとっては、中途半端に摩擦して、つんのめることもあるそうです。



では、夏だったら裸足でも良いのではと考えがちですが、高齢者は足元から冷えますし、神経痛や関節痛のため、裸足で過ごすのは過酷です。このため、足にフィットしたすべりにくい室内ばきがどうしても必要なのです。



バレーシューズは、どこでも買え、価格も安く、サイズも豊富で、しかも、甲の部分にゴムがあるため、スリッパタイプよりはしっかりしているので、使っている高齢者も多いようですが、履いているうちに広がってきて、ブカブカになってくることが多く、洗いを繰り返すと変形が激しくなります。



また、バレーシューズのゴム底は、床によっては摩擦が大きすぎて、つんのめることがあるので、最適とは言い難いようです。



介護靴の室内ばきは、足が変形し、筋力が衰えた高齢者を想定して設計されており、家庭内やグループホームのフローリングなどの床素材に対応した靴底になっているので、足元がおぼつかなくなってきた高齢者の転倒事故を防ぐためにはお勧めです。


リハビリ靴、介護靴なら専門店【らくてく】でお求め♪

  1. 2017/3/10(金) 10:23:36|
  2. 介護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる