出会えるサイト

出会えるサイト情報

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

ダイソンの主要製品の特徴

ダイソンの掃除機といえば、「吸引力が落ちない」サイクロン掃除機が最も有名です。

また、最新のラジアルルートサイクロン技術によって、ミクロのホコリや塵も吸い込んで、クリーンな空気を排気できるようになっていることから、アレルギー対策にも効果がある掃除機としても知られております。


ダイソンに変えてからぜんそくが治ったという、ユーザーからの口コミも幾つか見られるように、ハウスダストに対する効果もあるようです。



2台目の掃除機として注目されているのが、コードレスクリーナーです。ハンディータイプのDC34と、ロングパイプを取り付けて普通の掃除機としても使えるDC35の2機種があります。


DC34は、車内の掃除や部屋の一部分での使用に限られますが、強力な吸引力を誇っております。DC35は、DC34と同様の使い方に加え、ロングパイプを取り付けることによって、フロヘリングやカーペット部屋の掃除が出来る万能型掃除機としても使うことができます。


これらは、いずれも、ハンディータイプなので電源コードを必要とせず、充電することでどこにでも持ち運んで使えます。


羽根のない独特の形状をしているファン&ヒーターは、夏は扇風機として、冬はファンヒーターとして使えます。また、春と秋には、高いデザイン性を活かして、部屋を彩るインテリアとしても使えます。


ダイソン(Dyson)【サイクロン掃除機とファン&ヒーター】のオンラインショップ

  1. 2017/2/23(木) 11:6:34|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高速ジューサーと低速ジューサーの違い

ジューサーには、高速回転と低速回転の2つのタイプがあります。いずれも、ミキサーのように材料を全部入れてから作るのではなく、一つずつ入れながら作り、液体を別に加えなくてもジュースになります。


高速回転ジューサーは、ミキサーに搾る・濾すという2つの機能が付いたものです。ミキサーは切り刻んだままですが、高速回転ジューサーはそれを搾るという工程がプラスされています。



高速回転でジュースと搾りカスに分けられるので、サラッとしたジュースができますが、分離してしまいます。



また、ジュースの色が薄めです。刃を高速回転させるモーター音がうるさいのはミキサーと同じですが、ミキサーよりは美味しいジュースができます。



低速ジューサー(スロージューサー)は、刃がないのが特徴です。石臼式ジューサーや低温圧搾式ジューサーとも呼ばれます。



スクリューを低速回転させながら、素材をスクリューで巻き込みギューっと圧縮してジュースを搾り出すため、搾りカスが出ます。



高速回転ミキサーやジューサーとの違いは、材料を切り刻んだり、高速回転で撹拌したりせず、圧縮して搾るので空気と混ざりにくいことです。



このため、ジュースの栄養素や酵素の酸化が少なく、他のジュースに比較して栄養素の抽出能力に優れており、そのまま食べるよりも、栄養素の吸収率が高いと言われております。



色が濃いので、色素に含まれる栄養(フラボノイド/ポリフェノールの一種など)も搾れていることが分かります。モーター音が静かで、値段も高めです。


クビンス低速ジューサーで【栄養豊富で濃厚】な美味しいジュースを作ろう!!

  1. 2016/7/14(木) 8:47:29|
  2. 家電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる