出会えるサイト

出会えるサイト情報

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

中折れはEDでない?

日本における勃起不全の患者数は、1,130万人と言われています。中でも、もっとも多い症状がこの「中折れ」です。


中折れとは、勃起はするけれど、性行為の最中にペニスが萎えてしまうことを言います。中には、自慰だと射精できるのに、肝心のSEXの時は途中で萎えてしまうというケースもあるようです。


中折れの経験を持つ中高年男性は40代で6割、50代で7割、さらに年齢が上がって70代になるとその8割が中折れなどによってSEXがうまくいかなかった経験があるという調査もあります。


性機能の衰えは、男性のプライドをひどく傷つけるものです。そのため、自分がEDだということを認めたくない人が多いものです。


このため、中折れする人は、勃起はするため自分はEDだという自覚がない、あるいは、認めたくないことが多いようです。


しかし、EDはペニスが全く勃起しないことだけを指すのではありません。


医学的なEDの定義は、「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起を維持できないために、満足な性交が行えない状態」とされています。すなわち、中折れもれっきとしたEDなのです。


田淵正浩の「早漏改善ブートキャンプ」

  1. 2017/6/19(月) 8:29:10|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便秘解消には食物繊維が重要な役割

食物繊維は人間の体内で消化・吸収されることがないため、ゼロカロリーです。吸収されないなら、食べても意味がないのでは?と思った大間違い。


実は、食物繊維は、食べ物の栄養が吸収された後の腸内の食べカスを絡め取って、まとめて便にして出すという重要な役を担っているのです。


さらに、便の量を増やすと同時に、食べカスが腸の中を通過する時間を短くしてくれるため、腸の中で腐敗することが少なくなります。


そんな腸の掃除屋とも言われる食物繊維が豊富に含まれている食べ物と言えば、


• 野菜なら、かぼちゃ、たけのこ、ブロッコリー、キャベツ、大根、にんじん、ごぼう、タマネギ、レンコン


• いも類は、さつまいも、里いも、じゃがいも


• フルーツでは、キウイ、洋なし、あんず、パパイア、りんご


• 豆類なら、インゲン豆、そら豆、小豆、大豆


• 海草類なら、ひじき、昆布、ワカメ、寒天


などです。


また、最近の研究では食物繊維には食後の一時的な高血糖と、それに伴うインスリンの過剰分泌を抑える効果があることがわかってきました。血糖値が気になる方にもおすすめです。


「薬治おなか端麗」で便秘改善+下腹部ダイエット♪

  1. 2017/5/25(木) 9:36:47|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分でEDを治すには

EDになる原因は人それぞれなので、この方法が必ず効くというものはありませんが、中には自分自身がEDの原因を作っていることがあります。


その場合は、その原因を取り除くとによって、改善がみられることもあります。とりわけ、日々の食事を見直すことは、EDを改善するための重要なファクターです。


食事は、生きるために体が必要とする栄養成分を摂取する手段ですが、勃起という現象は、瞬発的、かつ、自動的に起こっていると思いがちですが、実は、勃起を引き起こすために、体内のいろいろな器官や機能が働いているからこそ起こるのです。


そして、これら器官や機能が円滑に働くためには、各種の栄養成分が必要となります。


例えば、「亜鉛」は精子を作り男性ホルモンの分泌を高めるために必要ですし、「アミノ酸」類は男性ホルモンを作り出すためのシンケイペプチドを作り出す役割や、精力を維持するための、スタミナや筋肉そのものを構成するのにも使われています。


このため、自分でEDを克服したいなら、こうした栄養成分が食事を通じて摂取できているかを見直してみることが必要です。


食事内容によっては、必要な栄養成分が全く足りていないこともありますし、勃起障害につながる成分を生み出すような食事をしている場合だってあります。


その典型的なものが、ファストフードやポテトチップスなどのジャンクフードです。心当たりのある人は、まずは、こうしたものを食べるのは止めて、ビタミン、アミノ酸、ミネラルがバランスよく取れる食事を心がけましょう。


「ヴィトックスα」

  1. 2016/6/16(木) 10:29:36|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーパミンとは何?

ヒトや動物の脳の中には、欲求が満たされた時、あるいは満たされるとわかったときに「快感」を感じますが、それにはドーパミンは一役買っています。


ドーパミンとは、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、意欲、動機、学習などに重要な役割を担っているといわれています。



ドーパミンが増えると楽しみ、至福感、幸福感を感じますが、ドーパミンのレベルが低くなると、集中力ややる気がなくなって無気力になったり、抑うつ感さえも感じたりするようになります



うつ病やパーキンソン病などは、ドーパミンが関係しているといわれており、病気にも関わる重要な神経伝達物質でもあるのです。



ドーパミンを増やすためにはいくつかの方法があります。



まず、食べ物で補う方法があります。ドーパミンの原料はたんぱく質ですから、必須アミノ酸を含む、肉、魚、大豆食品を摂ることが大切です。同時に、ビタミンB群やミネラルを摂ることも必要です。また、適度のアルコール摂取もドーパミンを分泌させます。



異性に恋をして「ときめく」ことによってドーパミンを増やすことが出来ます。笑う門に福来ると言いますが、「笑う」とβエンドルフィンが分泌されて免疫力が高まりストレスや苦痛が軽減され、心身ともに健康になります。



また、適度な運動はリフレッシュ効果が大きく、健康だけでなくストレス発散にもつながります。



おいしい物を食べる、いつもと違う道を通るだけでも脳が刺激されます。また、自分なりに何か目標を立て、「こうなるかも」と良いイメージをするとワクワクしてドーパミンが分泌されます。そして、目標を達成して達成感を味わう事によってドーパミンが分泌されます。



限界快楽アルゴリズム

  1. 2015/6/25(木) 7:21:34|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる